空き家を安心して任せられる【管理会社への依頼がベスト】

中古住宅引き渡しまで

住宅模型

中古住宅を購入するには

中古住宅は広いエリアに沢山あります。まず目的のエリアにある中古住宅をネットなどで探し、良さげなのをピックアップしておきます。藤沢市に住みたい場合は、藤沢市のどの辺がいいのか、路線や最寄り駅などから絞っていくのがお勧めです。次にピックアップした中古住宅を見学に行きます。藤沢にある目的の中古住宅を仲介している不動産会社に電話してから行けば、当日に段取りよく見学ができます。不動産会社の営業担当者も同行するので、住宅を見て疑問に思うことはどんどん聞いてみることが大切です。見学したあとは、不動産会社に対して申し込み証拠金と購入申し込み書を提出し、仮契約をします。仮契約をしておけば、他の人が先に契約するのを防ぐことができます。申し込み証拠金は、藤沢の中古住宅なら約10万円が一般的です。中古住宅の不動産売買契約を結ぶ前に、住宅ローンの仮審査をします。仮審査の結果は絶対ではありませんが、だいたい仮審査にパスすれば本審査もパスします。売買契約は買主と売主が同意してはじめて成り立ちます。契約が成立したら、買主は売主に対して10%程度の手付金を支払います。仮契約の段階ならまだキャンセルできます。しかし、売買契約後に自己都合でキャンセルすると支払った手付金は返ってこないので、十分に考えてから契約することが大切です。契約が終わったあとにローンの本審査をして、正式に融資が決定します。そしてローンで残金をすべて支払えば、中古住宅の受け取りができます。